ブログ

おすすめの不動産投資法

この記事ですすめる不動産投資法は、銀行から大きな融資を引き出して次から次へと物件を購入していくというような王道のスタイルではなく、ゆるく不動産投資を行うというものです。

したがって、金額も小さいし物件を購入するスピードもゆっくりしたものになります。

一棟アパート等の経営では大きな資金を投じるのでリスクも大きくなりますが、私がすすめる「ゆるい不動産投資法」は、ほぼノーリスクでできると思っています。

またこの方法は、ほとんど全てのサラリーマンが実践できる不動産投資ですなぜなら、不動産ローン(アパートローンなど)を利用するのではなく、「住宅ローン」を利用するからです「住宅ローン」とは、自分が住む住宅を購入する際に利用できるローンのことです。

自分が住むための住宅を購入しても賃貸経営はできないのでは?と疑問に思うでしょうが、それについて説明をします。

その前に「住宅ローン」について簡単に説明しておきます。

年収が300万円程度あり勤続年数が3年~5年以上なら、ほとんどのサラリーマンは「住宅ローン」を組むことができます。

(残念ながら自営業やフリーランスの人は、住宅ローンを組むのが難しくなります)しかも、一般のローンに比べれば金利が低いので、払う利息も少なくて済みます。

金利は時代によって変化しますが、これを書いている今、住宅ローンの変動金利は年1%未満です。

仮に金利を0.5%とすると、1000万円借りたときの利息は年5万円になります。

10年間借り続けたとしても、50万円にしかならず、とても得なローンと言えます。

ではどのような物件を購入するのがいいのかということですが、これは1000万円以下の2DK、2LDKもしくは3DK、3LDKのファミリータイプのマンションを購入します。

それを10年ローンを組んで購入し、自分で10年間住み続ける。

ローンが終わった時点で、物件を賃貸に回します。

住宅ローンを払っている間は賃貸にすることはできませんが、ローンが終われば物件の使い方は自由です。

その後、新たに住宅ローンを組んで、再び1千万円以下のマンションを購入し、そこに自分が住みます。

そのマンションのローン返済期間も10年間に設定しておきます。

そして10年間住み続ければローンの支払いは終わり、自分のものになります。

再びこの物件を賃貸として貸し出す。

また新たに1000万円以下2DK~3LDKの物件を購入し10年ローンを組んで住む・・・・。

これを繰り返していけば、10年ごとに自分の所有する物件は一戸ずつ増え、家賃収入も10年ごとに増えていきます。

簡単に言うと、住宅ローンを組んで購入した物件に自分で住み、返済が終わった時点でこれを賃貸物件にするという方法です。

ここからは、私が行っている投資法について紹介いたします。

私はFXで行うスワップ運用を行っています。

スワップ運用はポジションを保持すると通貨間の金利を毎日付与されて積み重ねていくことで収益を得るという運用方法です。

FXSUITで運用すると、資金の15%の収益を毎月稼ぐことができます。

口座開設も5分ほどで完了し、仕組みも決まったポジションを保持するだけなので簡単に運用することができます。

スワップ運用をしたい方は是非、FXSUITで運用してみてください。

関連記事

  1. 三菱UFJ銀行手数料値上げ。貯金で目減りする時代。1万円からの投…
  2. 既得権益を得るための労働力は計り知れない
  3. ここ数日NY株式市場で何度もサーキットブレーカーが作動するような…
  4. 投資情報を確実に抑える
  5. 不動産屋に営業をする
  6. FXSUITの3すくみは不況でも全く問題なく動いている
  7. 不労所得は「はじめにかかる労働力」に差がある
  8. 不動産投資の種類は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【有料級】投資は小額分散から始めるべき理由を徹底解説します
  2. あなたもFXSUITの「さんすくみ」で少しでも収入レベルを上げませんか
  3. 暗号通貨詐欺との呼び声高い「GAINSKY」について徹底的に調べてみた

カテゴリー

PAGE TOP