ブログ

FXで騙されたくなかったらWikiFXを使うべき理由

こんにちは

皆さんはFX詐欺が横行していることをご存知でしょうか?

FX詐欺にはいくつかのパターンがあります。

主に

・出金ができない
・突然業者が飛ぶ
・問い合わせの無視

などがあげられます。

FXでトレードを行うにあたりまず初めに証券会社を選ばなければいけません。

証券会社の口座開設を行って初めて取引ができるわけなので開設の段階で詐欺業者を見極めてリスクを回避する必要があります。

詐欺業者の例をひとつあげます。

Big boss というFX証券会社があります。

この証券会社は自社HPで金融ライセンスの保持を明言していますが、実際に調べてみると無ライセンス業者で、かつてはニュージーランドでライセンスを取得していましたが2015年4月23日に登録抹消を受けており無ライセンスで営業しています。

ライセンスを抹消されている時点で怪しいですが、抹消後もライセンスを保有していると偽っているので取引するリスクが高いです。

このようなFX詐欺業者にお金を騙し取られている方が少なくありません。

そこで私がおすすめするサービスがWikiFXです。

WikiFXは数多くの証券会社が登録されており、証券会社が詐欺性が高いのかリスクがあるのか、ライセンスは保有しているのかが公表されているコンテンツになります。

19000以上の証券会社が登録されているので、ほとんどのFX業者を調べることができます。

簡単に検索でき日本語にも対応しているので証券会社を選ぶ際は是非利用してみてください。

ちなみにBig bossに関してもリスクありで警告されています。
また、WikiFXは各国でエキスポを開催しており数多くの証券会社が出展しております。
今年の12月11日~12日には、アジアワールドエキスポ香港が開催されます。

私がおすすめしているFXSUITについてもWikiFXのスポンサーとして出展ブースを開くとのことです。

FXで世界的に権威のあるエキスポに出展するということでFXSUITは優良証券会社ということが証明されますね。

FXSUITはアンチマーケティングをされており出金拒否がないのに出金拒否があるとデマ報告をされております。

ただ、エキスポをきっかけにアンチマーケティング勢もアンチできなくなりますね。

私の利用しているFXSUITは約定スピードが早く、スプレッドも狭いので取引がしやすくFX初心者におすすめのFX証券会社になります。

また、FXSUITならではのトレード手法があり、初心者でも簡単に継続した「さんすくみ」というスワップ運用ができるので是非、FXSUITで「さんすくみ」を運用してみてください。

関連記事

  1. デジタルコンテンツ
  2. おすすめの不動産投資法
  3. 既得権益を得るための労働力は計り知れない
  4. コロナ特需で今伸びている業界を徹底調査 先を見越して今出来る事。…
  5. 不労所得は「はじめにかかる労働力」に差がある
  6. コロナウィルスが世界的にパンデミックになる前にやるべきこと
  7. レバレッジ取引をおこなうときの注意点
  8. 不動産屋に営業をする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. あなたもFXSUITの「さんすくみ」で少しでも収入レベルを上げませんか
  2. 暗号通貨詐欺との呼び声高い「GAINSKY」について徹底的に調べてみた

カテゴリー

PAGE TOP